アーティフィシャルフラワーの開発

アーティフィシャルフラワー

桂由美先生と新しい文化を根付かせるため、「オートクチュールフルール認定講座」で使用するアーティフィシャルフラワーの開発からはじまりました。

恒石小百合は、桂由美先生と共に海外のアーティフィシャルフラワーのメーカーを何軒も周り、それぞれのメーカーの特徴を最大限に活かしながら、花の種類・色・素材・サイズにいたるまでこだわりぬき、幾度も色だしなどの試作品を製作していただき、高品質の花材を開発することができました。

その象徴的なアーティフィシャルフラワーが「ターコイズカラーのピオニー」(写真)です。
茎や葉までターコイズカラーに染められているピオニーは斬新でありながら華麗に仕上がっています。

▶恒石小百合が開発したテクニック